World Medical Card

World Medical Card(WMC)

WMCとは、World Medical Center Japan(株)が発行するカードで、緊急時にあなたの健康状態を治療にあたる医師に伝え、医療リスクを大幅に軽減いたします。

お問い合わせ

WORLD MEDICAL CARDとは

World Medical Card(ワールドメディカルカード)は、世界中どこでも使える医師が開発した救急医療情報伝達システムです。
あなたに安心を与える3つのサービスで、いつでも必要なときに、お客様の健康状態に関する情報を確実に医療関係者に伝えます。持っていれば、どんな時でも安心です。病気のある人、健康な人、どなたでも登録申請できます。

World Medical Card(ワールドメディカルカード)の必要性

お客様が突然の病気や災害、不慮の事故に遭遇して倒れた場合をイメージしてください。救急医療施設に搬送された時、治療にあたるスタッフがお客様の健康状態を何も知らずに処置を行うならば、そこには大きなリスクが生じます。
緊急時、医療スタッフが必ず知りたい情報は「治療中の病気」「常用している処方薬」「アレルギーの有無」です。
ワールドメディカルカードは、紙のカード(onCard)、携帯電話(onMobile)、インターネット(onWeb)という3つサービスを使って、お客様の健康情報を確実に医療関係者に伝えます。

WMCardとは WMCard onMobileとは WMCard onWebとは
on Card on Mobile on Web
お客様が登録された病気や薬の情報は、世界保健機関(WHO)の世界標準コードによって記録されます。 情報はonCardやonMobileにコンパクトに記録され、携帯することができます。 更に詳しい情報が必要な場合には、onWebから登録した情報をインターネット上の「Medical Access(メディカルアクセス)」を使って医師に閲覧許可することもできます。

World Medical Cardに登録できる医療情報
ワールドメディカルカードに登録される情報は、下記のとおりです。

  • ●診断病名(WHOコードで記録)
  • ●医師に処方された服用薬(WHOコードで記録)
  • ●アレルギー反応
  • ●緊急連絡先(氏名と電話番号、2名まで)
  • ●臓器提供に関する意思表示
  • ●その他情報(血液型など自由に記入)
  • ●過去の病歴(onWebのみ)
  • ●申請履歴(onWebのみ)
なぜ必要なのか?
かけがえのない家族のために。
あなたに万一のことがあった時、家族に確実に連絡が届きますか?
大切な人に何か起こったら、必ず連絡が届くように。ワールドメディカルカードの緊急連絡先情報を使えば、確実です。

世界中で使えます。
すべての医学データは国際規格に従って書かれています。 病名はICD-10で、薬はATCで、これらは国際保険機関(WHO)によって定義されています。

あなたの安全のために。
いつでも、どこでも、大切なあなたのデータへアクセスが可能です。

ワールドメディカルカードをいつも携帯して、医療ミスを防ぎましょう。
病状が変わったら、常にWebサイトの医療データを更新してください。

臓器提供に関するあなたの意志表示ができます。
もし質問されたとき、あなたの家族の決断が容易になります。

ワールドメディカルカードなしで家を離れないでください。
事故や災難は、いつ誰に起こるかわかりません。
underline